コンタクト嫌いの方にはメガネでしょう

コンタクトを眼に入れると怖いという方にはメガネがオススメです。眼鏡に関しては、詳しくはウィキペディアに載っていたので引用させて頂きました。 眼鏡の発明者や発明の年代ははっきりとしないが、1306年2月23日水曜日朝にフィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェーラ教会において行われた説教の中で、修道士フラ・ジョルダーノ・ディ・リヴァルトが眼鏡について触れ 「この20年以内の発明である」「発明者と話をしたことがある」と述べていることから、遅くとも13世紀末のイタリアでは製作されていたことが分かる。当初の眼鏡は、もっぱら老眼の矯正に用いられた。 中世において眼鏡は知識と教養の象徴であり、聖人の肖像には、たとえ眼鏡発明以前の人物であっても、眼鏡がしばしば描き入れられた。 また、日本にメガネを伝えたのは、宣教師・フランシスコ・ザビエルで、周防国の守護大名・大内義隆に謁見した際に献上したのが最初といわれている。 眼鏡の構成 眼鏡の各部の名称眼鏡とは、英語でa pair of glasses(一組のガラス)と呼ばれるように、本質的には眼前に置かれた2枚のレンズであり、レンズを支えるフレーム、テンプルなど以下の部品から構成される。 フレーム テンプル+モダン ブリッジ 智・蝶番 パッド+クリングス 眼鏡の効用 眼鏡は視力を矯正する目的のほかに、眼球を保護するという重要な役割がある(強い光線から保護するサングラスや、塵埃の飛散する作業で物理的に保護する専用メガネなど)。

カラーコンタクト(カラコン)通販・眼科ガイド おしゃれに使えるカラコン コンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズの特徴 近視にもコンタクは有効ト 遠視にもコンタクトが有効 コンタクトも有効な乱視 乱視にも有効なコンタクト コンタクト嫌いの方にはメガネでしょう