遠視にもコンタクトが有効

遠視の補正のためにコンタクトを使っている方も多いでしょうね。遠視は遠くが見えにくくなるものなのですが、詳しくは詳しくはウィキペディアに載っていたので引用させて頂きました。

眼は近くを見る時に網膜(カメラで言えばフィルムにあたる部分)上に正しく焦点をあわせるため、眼の中の筋肉(毛様体筋)を働かせて水晶体の屈折を強くする機能をもっている。これを「調節力」という。調節力は小児の時に最大に持っており、それ以後は加齢と共に徐々に減少する。

正視(屈折異常の無い眼)の場合は、遠方(5m以上)を見ているときは調節力はほとんど働いておらず、近くを見る時だけ使っている。 遠視の場合は遠くを見ているときも、本来は近くを見るときにしか使わない調整力を自動的に働かせ、遠視を補正しようとする。 いわば、常に眼内の筋肉を働かせている状態になるため、眼精疲労の原因になる。また、遠視の人は肩こりや頭痛、光のまぶしさを訴える場合が多い。

カラーコンタクト(カラコン)通販・眼科ガイド おしゃれに使えるカラコン コンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズの特徴 近視にもコンタクは有効ト 遠視にもコンタクトが有効 コンタクトも有効な乱視 乱視にも有効なコンタクト コンタクト嫌いの方にはメガネでしょう