ソフトコンタクトレンズの特徴

コンタクトにはソフトコンタクトレンズがありますが、使い勝手は良いよですが、どんな特徴を持っているのでしょうか? 詳しくはウィキペディアに載っていたので引用させて頂きました。

ソフトコンタクトレンズ

材料に Poly-HEMA (ポリヒドロキシエチルメタアクリレート)あるいは PVP (ポリビニルピロリドン)というゲル状の合成高分子化合物(ハイドロゲル)を使った、水分を比較的多く含む含水性ソフトコンタクトレンズと、ブチルアクリレートとブチルメタクリレートの共重合体を使用した、水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズ(現在日本で入手可能な製品は存在しない)とがある。

弾力性に富むので装着時の違和感が小さい反面、細菌が繁殖しやすい。 洗浄に加えて定期的な消毒が必要で、手入れが面倒である。 ソフトコンタクトレンズにはレンズケアを一切行わずに使用する1日、1週間などの使い捨てタイプ (ディスポーザブル)、レンズケアを行って使用する2週間などの頻回交換型(フリークエントリプレースメント)や、1ヶ月、3ヶ月などの定期交換型(プランドリプレースメント)も存在する。日本では一般的に一定期間の使用後に破棄をする、と言うことから1日、1週間、2週間、1か月、3か月タイプのソフトレンズを総称して使い捨てレンズと呼んでいる。 使い捨てレンズは、目から分泌されるタンパク質などの汚れがレンズに蓄積して目に悪影響を及ぼす前に新しいレンズと交換することで安全性を高めるものなので、レンズケアの方法やレンズの交換期限を遵守するなど、正しい使用方法が求められる。

従来のソフトレンズ素材では、酸素透過率を高めるために、含水率を高める必要があった。ところが含水率が高いほど脂質やたんぱく質がレンズに沈着しやすく衛生面でのリスクが増してしまっていた。ただし最近登場してきたシリコーンハイドロゲルは、含水率に頼らず高い酸素透過性が得られるため、これまでの問題を解決する新素材として注目されている。 現在日本ではチバビジョンから1ヶ月交換タイプのO2オプティクス、ジョンソン・エンド・ジョンソンから2週間交換タイプのアキュビューアドバンス、アキュビューオアシス、ボシュロムから1週間連続装用タイプのピュアビジョンが発売されている(2007年7月現在)。

ソフトコンタクトレンズの装用感はハードコンタクトレンズより優れているが、そのため角膜に障害が起きても自覚しにくく、重症になるまで放置してしまう結果になることがある。

カラーコンタクト(カラコン)通販・眼科ガイド おしゃれに使えるカラコン コンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズの特徴 近視にもコンタクは有効ト 遠視にもコンタクトが有効 コンタクトも有効な乱視 乱視にも有効なコンタクト コンタクト嫌いの方にはメガネでしょう