おしゃれに使えるカラコン

カラコンにはいろんな種類があってカラフルな色が入っているものから黒目を大きく見せるものまで多種にわたります。 おしゃれ感覚でつけている方がほとんどですが、危険性も持ち合わせているので注意が必要です。 詳しくはウィキペディアに載っていたので引用させて頂きました。

おしゃれ用コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズ) おしゃれ用コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズ)は、視力の補正等を目的とせず、おしゃれのために虹彩部分の見た目の色を変えることを目的とするコンタクトレンズである。他の医療用のコンタクトレンズが一般に無色透明なものであるのに対し、色を付けられたコンタクトレンズであるため、カラーコンタクトレンズと呼ばれる。日本では一般にカラコン等と略される。おしゃれ目的であるため、日本においては医療機器に該当しないため薬事法による規制の対象外であり、販売に規制はなく、法によって定められた名称は存在しないが、2008年、薬事法の規制を受けることが固まった。

日本では、おしゃれ用コンタクトレンズ(カラーコンタクトレンズ)は、眼球に接触するものであるが、薬事法上医療機器とされてこなかった。医療機器のコンタクトレンズはその製造販売にあたって承認を受ける必要があるのに対し、おしゃれ用コンタクトレンズは雑貨であり品質の審査手続きなどはない。このため、粗悪な作りのカラーコンタクトレンズは、着色剤が溶け出し炎症を起こしたり、ときには失明したりと、その品質に起因する事例も報告されているが、これを直接規制する方法がなかった。

また、医療用ではないため、眼科医による装用指導等の対象とはなっておらず、長時間使用その他不適切な使用に起因すると思われる眼病の増加が、眼科医団体等から指摘されてきた。

こうした流れを受けて、国はおしゃれ用コンタクトレンズの規制に乗り出し、2007年秋には、厚生労働省、経済産業省及び独立行政法人製品評価技術基盤機構は、おしゃれ用カラーコンタクトレンズの流通状況及び健康被害の実態を調べるために調査委員会を設置、2008年春には経済産業省が警告表示の義務付けなどの法規制を設けることを検討し始めた[1]。同年7月10日には、厚労省と経産省は薬事法の枠内で規制を行う方針を固めた。

津市の美容・健康特集

津市でエステサロンを探す エステサロン 津市

ロングヘアーが綺麗でいいね 美容院・美容室 津市

視力検査は年に一回しよう 眼医者・眼科 津市

シルバー仲間も楽しいよ 老人ホーム 津市

メタボ腹がいやなら スポーツクラブ 津市

背骨が曲がっているなら 整体院・カイロプラクティック 津市

体調不良なら 人間ドック 津市

バストアップですごく綺麗に 美容整形外科 津市

歯科技工士も働く 歯医者 津市

筋肉トレーニングで鍛える フィットネスクラブ 津市

カラーコンタクト(カラコン)通販・眼科ガイド おしゃれに使えるカラコン コンタクトレンズの特徴 ハードコンタクトレンズの特徴 ソフトコンタクトレンズの特徴 近視にもコンタクは有効ト 遠視にもコンタクトが有効 コンタクトも有効な乱視 乱視にも有効なコンタクト コンタクト嫌いの方にはメガネでしょう